--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.03.13 21:38

CLANNAD AS最終22話見た感想です。



 まさか本当に時間軸をずらすとは、おもいきりましたね。確かにAVGではセーブポイントからは戻れるので、また違ったストーリーを楽しめることは有りなのですが、アニメでそれを行うとは・・・。

 そりゃ朋也、渚、汐の3人が普通の家庭の生活ができる事は一番のハッピーエンドですけどね。

 朋也から渚と汐が先立たれても、朋也には未だ友達はいます、そして未だ朋也を好きでいてくれる人も・・・でも朋也が愛する2人を失ったら、それに現代の日本の父親でも、そういった場合は普通ではいられなくなる筈です、朋也自身ももうこの世で生きていく自身も気力も無くなると思います、必死で支えてくれる人がいない限り。

 でも朋也は気付いていたのです、自分の父親が自分の事を一生懸命育ててくれたこと、他の何もかも捨ててまでも朋也を育ててくれたことを。気付くのは少し遅かったけれども、でも気付いたのです。そして朋也自身が今父親にしてやれる最大限の事を行っていたのです。

 そんな朋也は、自分事を大切に思ってくれた人のことを大切に思う。この行動こそが今回の最終話の伏線だったのでは?と思ってしまいます(そうです、あの光の玉と直結します)。それに渚のことも、声をかけなければ良かった、なんて心の片隅で思ってしまっていて、でも心の真からは底からは、声をかけられずにはいられない、いられなかった、そんな思いも合わせてこのような展開にもっていったんだと思います。

 そうです、所詮アニメです。ドキュメンタリーではありません。どんなに現実離れしているストーリーや設定でも構わないのです。私はこの最終話には賛成したいと思います。

 もちろんちょっと気になるところもあります、異世界の少女とロボットは汐と朋也だったこと、最後の最後、風子の出番が多かったこと、ことみや椋のあのシーン、ま、細かいことを言えばきりがありません、朋也の父親が出てこなかったし、ED最後は風子と汐が先頭を歩いていたし・・・

それではwww
スポンサーサイト

| anime評論 | コメント(0) | トラックバック(2) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

(アニメ感想) CLANNAD ~AFTER STORY~ 第22話 「小さな手のひら」
CLANNAD AFTER STORY 5 (初回限定版) [DVD]クチコミを見る ☆<3/12更新>今回(第21話 世界の終わり」)の感想をポットキャストにて収録しました。「あのシーンは泣けた?泣けなかった?」、「朋也にとっての街とは?」、「クラナドで描かれる家族とは?」等、アニメ?...

ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人  2009.03.14 15:49

CLANNAD AFTER STORY 第22話「小さな手のひら」(本編最終話)
やっぱり笑顔で終わるのが一番! どうなるのかと思いましたが よかったよかった。 原作だと3回やらないとここまでたどり着けないそうで… そりゃ前回ラストで「完」じゃ 待てコルァ状態ですよねw 幻想世界の少女=汐 ロボットくん=朋也 汐ちゃんは幻想世?...

のらりんクロッキー  2009.03.15 10:42

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。