--.--.-- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | |

2009.04.12 18:29

ta01


<当然ネタバレあります>って言っても関係ある人少ないと思いますが、、、






いや~、ホントマジ泣きました。4回くらい泣いたかな。。。

智代がともへの気持ちを伝える為くまさんの着ぐるみを着て花束を渡す辺りから、ともがママの所へ走り出すシーンの間で2回泣いた、自然に涙が溢れる感じです

その後、朋也の記憶喪失が1週間単位だと、朋也本人に智代から初めて伝える辺りで3回目、あと手術する前にともが来た所で4回目。心にぐぐっとくる感じで自然に涙が流れてました。


『愛する人を、どんな状況でも、ずっと傍にいて支えてあげる』


文章はサラッと書けますが、、、
実際にそれを行うって事はとても過酷なことです。

でもその奇跡を起せるのも、また深い永遠の愛のみ成せる技です。


でも現実ではその深い永遠の愛があっても、BAD-ENDは多いのです

GAMEやANIMEでは、それに気付かせるだけでいいのです。
GAMEやANIMEでは、最後には願いが叶うと夢見ていたいもの。。。


そういう意味で、このPSP版のこのGAMEは高評価を与えたいですね、私は。



ではこの感動を、歌詞を見ながら曲(↓↓↓)でも聴いて、感動に浸りたいと思います



<OP+ED>




<OPのみ>





「light colors」
(智代アフター ~It's a Wonderful Life~ OPテーマ)

作詞 : 麻枝准
作曲 : 折戸伸治
編曲 : 高瀬一矢



プリズムを通した世界の色も褪せ
こんな灰色に全て埋ずもれても

どうにもできないことがあっても
最後まで目を閉じず
見守っていく勇気
それは遠い誰かの持ちもので僕じゃない

ようやく向かい風は凪いだけど
長すぎる前髪が
気になってどうにも心が落ち着かない
勇気とは程遠くて

明日は もっとうまくやってみせる
だからもう一度だけ信じて

プリズムを通した世界の色も褪せ
こんな灰色に全て埋ずもれても
僕ならばできる たとえひとりだって
未来に また塗りかえてみせるよ


弱い人ほど特徴のなさを うまく演じてるのに
僕はこんな小さな罪も許せないで
いらだちをぶつけて る

高く伸びる空 急降下する
鳥たちの声を聞いた
痛みや苦しみを覚える人になど
ならないよう祈っていた
 
今日は あの場所を目指していく
だからこの 熱い血を信じ て

涙で世界が閉ざされてしまっても
こんな美しい景色を忘れても
ふたりならできる信じ続けていく
あの日の ふたりを後悔せずに


夕凪が赤く染まるよ
僕らも精一杯 燃える生き方を


プリズムを通した 世界の色も褪せ
こんな灰色に 全て埋ずもれても
僕ならばできる たとえひとりだって
世界を また塗りかえてみせるよ






「Life is like a Melody」
(智代アフター ~It's a Wonderful Life~ EDテーマ)

作曲:麻枝准
作詞:麻枝准
編曲:戸越まごめ



穏やかな風が吹くこの夏を
僕らだけの歌と名付け大切に仕舞った

狭い部屋過ぎ去る思い出と
待ってた待ってたあの日と 同じ空

ひとりで僕らは歩けるか
誰もいなくなってそれでも
手を取り過ごしてきた今日までを
まだ見ぬ誰かの明日へと

伸びすぎた髪はもう束ねてる
古い映画のような出会いなどないまま

大切にしていくものはなに?
待ってる待ってる きっと あと数歩

ふたりになっても歩くんだ
強さは互いの心と 信じた
うまく合わない足でも
ゆっくり歩けば揃った

ひとりになっても歩くんだ
誰もいなくなってそれでも
ふるえを忘れないこの命は
希望を刻んで進むんだ

口ずさむのは僕らの歌
みんなで描いた青い空
もう合わすことができない足でも
歩けば未来を目指すんだ

It's a Wonderful Life!!




スポンサーサイト

| 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) | |

この記事へのコメント

コメントを書く

管理人にのみ表示

↑ページトップ

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

↑ページトップ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。